ブラックリストに載るって具体的にどういう事?

「ブラックリスト」と聞くけれど、その実態は・・・

 

結論から言うと、「ブラックリスト」というものは存在しません。しかし、金融機関やキャッシング会社からお金を借りたのに、返済を怠ったり、連絡が取れなくなったりというトラブルに陥った時、それが履歴として残ります。この履歴が残っている人のことを一般にブラックリスト入りしていると言うようです。

 

ちなみに、金融機関やキャッシング会社と金銭の借入をした人との間で起こるトラブルを「事故」と呼び、その事故を記録するところを「信用情報機関」と言います。信用情報機関」は、金銭の借入を業者から受ける時に審査があるのですが、その時に使われた個人情報を記録しています。それに「事故」の記載があったら、問題となるということです。

 

「事故」と目されるものは何か

事故の記録は、国から指定を受けた『日本信用情報機構』、『全国銀行個人信用情報センター』、『CIC』の3つの機関が管理しています。この3つの機関は相互に情報を共有しており、審査が実施される個人情報をそれぞれに照らし合わせることが可能です。

 

事故と目されるものは、クレジットカードの利用料金や携帯電話の割賦金の不払いや、奨学金やキャッシングなどの借入金の返済遅延です。また、住宅ローンの支払い遅延も事故と目されるので注意が必要です。

 

事故の記録があると、次も同じようなことをするかもしれないと金融機関から思われてしまい、審査に通らなくなり、借入が難しくなります。借りたものは約束通りに返すこと。これは子供の世界でも守らなければならないとされているルールです。だから、借入したものを返済プラン通りに返済できない利用者とは、金融機関も取引したくないと考えるのは普通のことです。

 

とはいえ、事故の記録は永遠に残るというわけではありません。事故の内容にもよりますが、一定期間が過ぎれば消えるようです。また、前述したような事故と呼ばれる状態に陥ったとしても、借入者の方から事前に金融機関に連絡をすれば、事故と扱われない場合もあるようです。何事も誠意を持って対応しましょう。

 

まとめにかえて

いわゆるブラックリストと呼ばれるものは、存在しないのですが、金融機関との間で起こったトラブルは事故として記録されています。事故と目されるものには、携帯電話の利用料金の不払いや住宅ローンの滞納も含まれます。事故があったと記録されると、借入を受けることがとても難しくなります。

 

事故の情報を記録しているのは、国が指定する3つの機関です。相互で情報を照らし合わせることができるのですが、照らし合わせが行われなければ、記録のない信用情報機関を利用している業者からの借入が可能なことがあります。自分の信用情報がどこの信用情報機関に記録されているのか、把握しておくことも大切です。

ブラックリストに載るって具体的にどういう事?

ブラックリストという言葉を聞いた事があると思います。名前だけでもなんだか穏やかじゃない感じがして怖いですね。想像すると一体どんな風なリストになっているのだろうかと考えてしまいます。

 

そもそも「ブラックリスト」は存在しない

実際に多くの人がぼんやりとイメージするブラックリストは実はありません。その代わりに、各金融機関が共通で利用できる個人信用情報機関があります。この情報機関は、国からの委託を受けて個人の信用情報の収集と情報提供を行っています。

 

家のローンや車のローン、キャッシングやクレジットの利用に関する全ての情報は信用情報機関に記録されています。どのような情報が登録されているかというと、個人の基本情報はもちろんの事、各種ローン等の契約内容、月々の支払い額に支払い状況、残高などが全て把握できるようになっています。

 

その情報を見る事ができるのは本人か本人から委任された代理人であれば自由に見る事が可能です。借り入れ審査の際は契約の過程でこの情報を閲覧する事に同意していますので、キャッシング会社もその事について確認する事ができるのです。

 

この情報の中に金融事故の情報が残っている場合、いかなる金融関係の審査も通らないと思った方がいいでしょう。これが俗に言う「ブラックリスト」の状態です。

 

世間ではまるで要注意人物のリストがあるかのようなイメージが浸透していますが、実際は個々の信用情報に記載されている金融事故の有無がポイントになるという事なのです。では実際に金融事故の扱いになってしまうのはどのようなケースでしょうか。

 

金融事故とはどんな事?

金融事故という言葉も穏やかではありませんが、ブラックリストほどには知られていない言葉かもしれません。何らかの方法で金融機関に借りているお金の返済日を過ぎても支払わず、その状態を続けていると確実に金融事故になります。

 

クレジットカードやローンの延滞はもちろん、見落としがちなのが携帯端末の分割料金です。携帯電話の使用料の延滞は、ローンの延滞ほど深刻ではないと思い放置してしまうと大変な事になりかねません。

 

契約書を見れば一目瞭然ですが、携帯端末の多くが分割払いになっています。延滞した方は通話料のつもりだったとしても端末料金も一緒に延滞する事になり、続けばこれも立派な金融事故の扱いになってしまいます

 

金融事故にならないためには、借りたお金を期日にきちんと返済していれば100%大丈夫です。では一度返済が滞るともう金融事故になってしまうのでしょうか。結論から言うと、たった1回の延滞で金融事故になる事はまずありません。通常は、返済するはずだった日から3カ月の滞納で金融事故になると言われています。

 

借りているお金の返済の口座を分けていたりすると、うっかり口座にお金を入れ忘れてしまうなんて事もあるかもしれません。そのような場合でも、延滞は延滞になります。たとえたったの1日遅れただけだからと、すぐに返済したとしてもそこは変わりません。

 

ただ、1カ月、2カ月とそのままであれば、それはもう悪質なものと判断されても仕方がありません。それまでの間に何かしらの督促があるはずですから、うっかり忘れてた場合や支払う意思がちゃんとある人であれば、その時点で返済しますので金融事故扱いにはなりません。

 

もうひとつの金融事故は債務整理です。多重債務によって返済が困難になってしまうと債務整理を行う事もあります。するとその情報は信用情報機関に登録され、5年間はずっと残ってしまいます。そうなると新たな借り入れは一切できなくなります。

 

理由はなんであれ一度金融事故扱いになると、数年間はキャッシングの利用はもちろん、家や車のローンでの購入もできません。若い時にあまり深く考えずに起こしていた金融事故が影響して、結婚後に一目で気に入った新居を購入しようとした時に、審査に通らず断念したなどという残念な話も実際にあります。

 

金融事故の情報はいつ消える?

ではずっとその情報は残り続けてしまうのかと言えば違います。通常5年経過すれば事故情報は消えます。

 

一生ローンが組めないわけではありませんが、5年もの間その状態で過ごすのは意外と大変です。家の購入や子供の教育資金など、大きな出費の際にまったく借金ができないと、人生設計すら変わってしまうかもしれないのです。

 

そのような事にならないよう、お金の管理には十分注意をして金融事故を起こさないようにする事が一番です。

債務整理を行うとブラックリストに載る?ブラックリスト入りしている期間とは?

 

債務が増えすぎて返済の見通しが立たない場合

最初はすぐに返済できると思ったのに、どんどん借入額が増えてしまい、今では自力で返済を行う見通しが立たない。こんな場合は専門家に相談するなりして、債務整理という選択肢を取るようにしましょう。

 

ある会社からの借入に対する返済を、また別の会社から借入ることにより返済する。これが典型的な自転車操業です。これでは借金は膨らむ一方で、やがては自己破産という選択肢しかないという状態に陥ります。自己破産をする前にまずは債務整理を行うようにし、複数社からの借入を整理してしまうと、返済のめども立つでしょう。

 

債務整理に踏み込む勇気がないと、ずるずると借入額を増やしていくだけで、そのうちいわゆる闇金と呼ばれるような法定外の利率を取る業者に引っ掛かってしまうことになります。分一人で悩んでいても問題は解決しません。債務問題を専門に取り扱う弁護士などに相談して、債務整理を早めに行いましょう。

 

債務整理を行うことのデメリット

多重債務や借金の金額が多くとても返済できない場合、そのままにしておいても利息がかさむだけで、借金は雪だるま式に増えていきます。この場合の唯一の解決先が債務整理。債務整理を行うことにより、身辺をきれいにして再出発することが可能になります。このように多重債務に苦しむ人にとってはメリットの多いシステムですが、そのかわりデメリットももちろんあります。

 

債務整理を行うと必ずブラックリスト入りします。ブラックリストに載ってしまったら最後、あらたな借入は行うことが出来ないと覚悟しましょう。キャッシングだけでなく、クレジットカードや銀行からのローンも利用できませんので、この期間中は不便な生活を強いられます。

 

債務整理を行うことにより、借入れ者が返済出来るように、返済金額を減らした計画が立てられますので、キャッシング業者としては損金が発生することになります。それでも金額すべてが焦げ付くよりは良いということで、キャッシング会社も債務整理に同意するのですから、当人も多少の不便は我慢すべきといえるでしょう。

 

ブラックリストに載るのは一定期間に限られる

債務整理によりブラックリストに載ったとしても、それは一定期間に限られますので、この期間が過ぎれば再び借り入れが出来るようになります。どのくらいの期間ブラックリストに載るかですが、債務整理や返済不能といった事故の場合は、通常五年間記録が保管されるといわれています。

 

債務整理に関して詳しく述べましょう。債務者に可能な形で借入金額を整理しなおす方法は、任意整理と個人再生になります。この二つの方法に関しては、債務者の返済能力に応じて、返済計画を立て直すことになります。もうひとつの方法が自己破産。自己破産とは、自分ではもはや返済を行うことが出来ないと裁判所の申し立てる方法です。

 

任意整理および個人再生に関しては、すべての手続きが完了してから、自己破産に関しては裁判所での判定が終わり、免責の決定が下されてから五年間ということになります。このようにブラックリスト入りしている期間は五年間ですが、実際に自分の記録がどのような状態にあるかは、信用情報機関に問い合わせたほうが無難です。五年間という長い期間になりますので、自分が金融事故を起こしたのは何年の何月何日か鮮明に覚えていない方もいるでしょう。

 

信用情報機関では個人からの問い合わせにも答えてくれますので、過去に返済トラブルを起こしたことのある方は、自分の記録がどうなっているか確認するようにしましょう。現在のところは減少傾向にありますが、依然として闇金と呼ばれる業者もいないわけではありません。ブラックでも必ず借りれる!などという広告を出している業者は、闇金の可能性が高いので、どんなに困っていても手を出さないよう、悩みは債務専門の弁護士に相談するようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日

審査時間のランキング|即日キャッシングできる.netより抜粋